未分類

8月6日 69回目の原爆の日

 ←むかしのブログで出ています(羽生結弦選手を応援する) →仙台情報(羽生結弦選手を応援する)

※羽生結弦選手応援ブログ2012~
以前の「羽生結弦選手応援ブログ ほいさっさ!」はこちらをクリック
ときどき羽生結弦選手応援以外の記事もあります


今日は8月6日 旅先にて原爆の日を迎えました

我々じじばばは ふたりとも広島県生まれです

父はその時満州にいました

母はせっせと戦地に送る食糧(芋・米など)を耕していました

日本中がただひたすらあきらめずに生きることを

強いられていたのだと思います

幸せなはずがありません

そして原爆が落とされました

原爆投下をしたエノラゲイ号の機長はお亡くなりになりましたが

まだご存命の方が

「もう一度戦争があれば同じ状況下にてもう一度原爆を投下するだろう」

という発言をされました

ということは

原爆投下はこれから先にも投下される可能性がある

ということです

なぜそれを支持する人がいるのか全く理解できません



なんにせよ

人の痛みがわからない人は五万といるのです

昨夜 ここシーギリヤ近くの宿屋の主人が

広島に原爆を落としたパイロットとクルーは

原爆による人々の苦しみを理解していないだけでなく

反省もしていない・・・とぼそっといいました

戦況下において命令は絶対でありますがその後一般市民が

どれだけ苦しんだか・・・おそらく歴史でも教わることはなかったのでしょう



この問題と話はひとつにすべきではないかと思いますが

戦争という名のもとに 日本がアジアに侵攻して多くの一般市民を苦しめたことを

忘れてはいけないと思うのです

でなければ いつまでたっても世界中が平和な時代を迎えることはできない

そう思うのですが・・・なにか理由をつけて戦争を起こしたくてたまらない

そういう人々もがいることも確かです

今旅先の宿屋でブログを書いていたら

こちらの子供さんたちがキャーキャーワイワイと手作りのブランコで遊んでいました

こどもの笑い声ほど 私たちのこころに平和に響き渡るものはありません




もくじ  3kaku_s_L.png スケート
もくじ  3kaku_s_L.png 311を忘れない
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ管理
  • 【むかしのブログで出ています(羽生結弦選手を応援する)】へ
  • 【仙台情報(羽生結弦選手を応援する)】へ

~ Comment ~

同感です

初めまして。羽生選手のファンで最近のブログは拝見しております。
以前にさかのぼり拝読中です。

広島の原爆で祖父は亡くなり祖母、叔母は被曝。父だけは熊本幼年学校に在学中だったとかで免れたと聞いています。

戦時下に各国の政策のもと任務を遂行しなければならなかったのは、どこの国もある意味仕方の無い事なのかもしれません。
でも事実は事実ですよね!先に進む為には反省や誠意を感じる事が必要だと感じます。
天皇陛下や皇后様の行動やお言葉には本当に心が感じられます。パラオ島のご訪問でもそうですし、東北の震災や豪雨による被災地に赴かれた時のお姿を拝見するにつけ、頭が下がります。
同じ気持ちで政治家や国を動かす皆さんが外交をすれば(日本だけではないですが)もう少し未来に希望が見えるのではないでしょうか?
事実を淡々と伝える教育と憎しみを伝えて代々忘れまじ!の教育とどちらが良いのでしょうね…
50代半ばの私で戦争は知らない世代ですが、どう考えたって戦争が良い訳ない!
国益を守ると言う大義面分を掲げ心のある行動を行わないから相手の心も動くはずが無い様に感じます。

世界中の子ども達が笑って毎日過ごせるのが当たり前になる事を願います。
初コメで長々とごめんなさい

Re: 同感です

しろみー様

はじめまして、コメントありがとうございます。

コメント記事は昨年の8月の記事に対してですが
読んでいただきありがとうございます。

>天皇陛下や皇后様の行動やお言葉には本当に心が感じられます。パラオ島のご訪問でもそうですし、東北の震>災や豪雨による被災地に赴かれた時のお姿を拝見するにつけ、頭が下がります。

私も同じように考えております。
天皇陛下と皇后さまがご高齢のお体を押してまで戦地に出向かれ
わずか1泊という強行スケジュールで移動されたそうです。
自分が80代で飛行機の移動を余儀なくされるなどとても考えられません。
戦地にては、現地の方々とセレモニーやお弔いをされそのお姿は思わず頭が下がります。

それに比べて、口だけの傲慢な人々の行動を見ると悲しく思います。

>事実を淡々と伝える教育と憎しみを伝えて代々忘れまじ!の教育とどちらが良いのでしょうね…

事実の背景になるものは人間のエゴイズムです。
憎しみを伝えても憎しみ以上のものは生まれません。
憎しみを超えるものこそ、教育の中で考えさせるべきことであると思っています。

現政権の批判ではありませんが
私たち一人ひとりには、自他の生活を踏みにじる何の理由もありませんし
経済の駒として働くのではなく、生活を楽しむために働いているのだということを
政治に携わる方々にはわかってほしいですね。

子どもを大切にしない国は、未来などありません。
また高齢者を非生産的だとばかりに疎ましくされるのも未来はありません。
なにびともひとりひとりが他者を踏みにじることなく
幸せに過ごせるように・・そんな理想の日本になるよういつも思っています。

コメントのお返事になったかどうかわかりませんが
同じようなお気持ちでいてくださる方と交流できたこと、とてもうれしかったです。
またいつでもお立ち寄りくださいませ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【むかしのブログで出ています(羽生結弦選手を応援する)】へ
  • 【仙台情報(羽生結弦選手を応援する)】へ